シリコンバレーウェイ :イノベーションを目指している日本人のためのコンファレンス The Silicon Valley Way: A conference for Japanese innovators

Jun 26 - 27, 2015 · Santa Clara, United States of America
English is below the Japanese
シリコンバレーウェイ :イノベーションを目指している日本人のためのコンファレンス
2015年6月26日9:00-17:00 コンファレンス終了後、ネットワーキングのためのイベント
会場:Hacker Dojo   599 Fairchild Drive, Mountain View, CA 94043
このところ多くの日本企業は、シリコンバレーで成功した企業が用いているアジャイル開発やリーンスタートアップなどの手法やアプローチに興味や関心を示し、深く学んでみたい、自社でも導入したいと考えています。しかし、シリコンバレーの実際の現場で用いられている手法やテクニックを日本語で詳しく説明したインフォメーションはほとんどありません。また、その手法やテクニックを典型的な日本企業の環境下でどのように応用したらよいかという情報も皆無です。
長年、日本企業がシリコンバレーやシリコンバレーの最先端の手法を学ぶサポートをしてきた3人のバイリンガルコンサルタント、到津守男 (Morio Itozu)、ロッシェル・カップ(Rochelle Kopp)、スティーブ・マギー (Steve McGee) が、今回ひと味違ったコンファレンスを開催することになりました。このコンファレンスの目標は、シリコンバレーの方法論について学ぼうとするときに多くの日本人の皆様が経験されている情報の少なさという現状を変え、さらに日本企業の中でこれらの手法をどうしたらベストに応用できるかを議論するフォーラムをつくることです。
昼食の間に行われる基調講演とアジャイルのBASIC TRACK以外は、全てのコンファレンスのプログラムは日本語で行われます。
このセミナーは、次のような皆様を対象としています:
 イノベーションを起こす力を高めたいと考えられている日本企業の方 シリコンバレーのベストプラクティスを学び、自社に導入したい方 自分の会社を起業しようとされている方、また、実際に既に起業されている方 自分の会社でアジャイル開発の手法を導入したいと考えられている方 自社の組織をよりダイナミックで柔軟にしたいと日々活動されている方
期待される成果:
★より高度で価値のあるプロダクトを生み出していくために、重要な人材を定着させモチベーションを高めていくために革新的な企業が実践していることを理解できます。
★自社のリーダーや経営層にシリコンバレーで行われているやり方を説明する際に使えるモデルと言語を獲得し、これらのプラクティスのいくつかを実行する方法を学習できます。
★ シリコンバレーを動かしているものは何か、どうしたら自社にシリコンバレー精神を取り込むことができるかを学べます。
プログラム:
8:30 受付開始およびコンチネンタルブレックファースト
9:00 シリコンバレーの文化の理解、アジャイルとリーンスタートアップの紹介
10:00 BASIC TRACK - アジャイル開発プロセスの基礎 ADVANCED TRACK – 効果的なアジャイル開発手法の導入
11:00 アジャイル開発しているチームと組織の他の部門をどう調和させるか
12:00 昼食基調講演:効果的なアジャイル・プログラミング文化を創造する秘訣は何かミッキー・マントル (Mickey Mantle) 「Managing the Unmanageable: Rules, Tools, and Insights for Managing Software People and  Teams 」の著者
13:00 アジャイル開発を実施する上で日本企業に存在する特別な障壁
14:00 アジャイル開発を導入した成功事例についてのケーススタディ
15:00 アジャイル開発の導入経験に関する小グループディスカッション
16:00 「どうしたらクリエイティブな知識労働を効率的にマネジメントすることができるだろうか?」大きな変化を起こすためのシードとしてアジャイルを考える
17:00 ネットワーキング・レセプション
19:00 ポスト・コンファレンス・ディナーイベント
プレゼンター・プロフィール:
到津守男 (Morio Itozu) :Itozu Consulting 経験豊富なバイリンガル(日本語と英語)で異文化を対象にしたグローバル組織開発コンサルタント。25年以上サンフランシスコベイエリアをベースに日米を中心に日系企業とグローバル企業の直面している問題を解決し、パフォーマンスとチームワークを向上させ、組織文化を変革し、M&A後の組織や文化の統合、グローバルリーダーの育成に貢献してきた。日立、NEC、日東電工、東芝、日本航空、中外ファーマ、Microsoft、HP、Intel、Cisco Systems、Motorola、Universal Studios、UPSなど多くの企業の手助けを行ってきた。世界中で使われている診断材料であるFIRO-Bを作成し、組織開発の分野のパイオニアであるウィル・シュッツ博士の下で長年直接学び、活動した経験を持つ。
ロッシェル・カップ (Rochelle Kopp) :Japan Intercultural Consulting, Managing Principal日本企業の海外進出、グローバル化をサポートするグローバル規模のトレーニング・コンサルティング会社であるJapan Intercultural Consultingの創業者で社長。人事管理、異文化コミュニケーション、グローバル人材育成に特化し、日本企業を含めて米国進出外国企業がアメリカでチームを効果的に構築し人事のインフラストラクチャーを強化する支援をしている。特に日本の企業や起業家がシリコンバレーの独自の文化を理解し成功するための協力を惜しまない。クライアントは、DeNA、富士通、Honda Research Institute USA、JINS、京セラ、ソフトバンク、ソニーなど。『外国人部下と仕事をするためのビジネス英語—指示・フィードバック・業績評価』『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか』など25冊以上の日本語の著書があり、『Silicon Valley Buzzwords(シリコンバレーの流行語)』を次回出版予定。
スティーブ・マギー (Steve McGee) :Steve McGee Consultingソフトウェア会社のプロダクト開発の頻度を高め、リードタイムを短縮し、コミットメントの実現を可能にするアジャイル・マネジメントコンサルタント。日本で6年間の異文化マネジメント・コーチとしての活動を含め20年に渡る組織変革、トレーニングと人材開発の経験を持ち、異なった価値観を持つシステムを統合する企業の手助けを行ってきた。2007年にソフトウェアとコンサルティング企業に初めてアジャイルを導入し、その後、アジャイルの原則とプラクティスを経理のポリシーやイベント、チェンジマネジメントなど多様なプロジェクトまで応用した。アジャイル・トランスフォメーションと組織変革のクライアントは、Western Union、ClearXchange、 Flint、Ericsson、 Motorola、Life360、Apple、Visa, TSYS、eBay、MobiTV、PlayStudios、Zephyr、UCSF、Quantum Art、Yokogawa、Deloitte-Tohmatsu, Johnson & Johnson、Biosensorsなど。
スティーブン・ガンツ (Steven Ganz):Teamifier創設者シリコンバレーをベースに活躍する起業家でありコンサルタント。現在自身のベンチャーのためにコラボレーションとソフトウェア開発プロセスに関わる革新的な技術を開発中。同時にスタートアップ企業や研究所に対してコア技術を計画、実施、検証、そして促進するためのコンサルティングを行う。プログラミング言語理論の研究のバックグラウンドと幅広い技術的な知識ベースと研究スキルを活かして、適応システム、machine learning、ナノテクノロジー、自然言語処理、ロボティクス、セマンティックWeb、ワイヤレスネットワークなどクライエントの様々な技術領域にわたるサポートを提供する。クライエントは、リコー、Toyota InfoTechnology Center、MobKiteなど。
ミッキー・マントル (Mickey Mantle):「Managing the Unmanageable: Rules, Tools, and Insights for Managing Software People and Teams 」の著者ソフトウェア業界において40年以上に渡り成功した実績がある。University of Utah(コンピュータサイエンス)卒。1986年にスティーブ・ジョブズに買収された直後のPixarに入社し、外部プロダクトの全てのソフトウェアの開発を管理した。 1991年にBrøderbund Software に Vice President of Engineering と CTOとして入社し、多数の賞を受賞したPCとMacのゲームを制作した大きな開発組織を管理。 1997年後半にBrøderbund Softwareを退社。GracenoteにSenior Vice President of Developmentとして参加し、全ての技術開発、業務、プロフェッショナルサービスを指揮した。2011年にGracenoteから引退し、その後すぐにWanderful社を設立。
会場:
このコンファレンスは、オープンでイノベーションの精神を体現するシリコンバレーの中心にあるコラボレティブなスペースであるHacker Dojoで開催されます。Pinterestを含め多くのスタートアップ企業がこのHacker Dojoから生まれました。
環境:
このコンファレンスでは、参加者の間でいろいろ情報を共有できるようにオープンな雰囲気をつくるよう努めてまいります。しかし機密情報を共有することはありません。シリコンバレーに相応しくするためにドレスコードとコンファレスの雰囲気はカジュアルになります。
受講料:
1名申し込み– 597ドル 2名同時申し込み– 991ドル3名同時申し込み– 1290ドルコンファレンス終了後のネットワーキングのためのイベント 1名$75
 
The Silicon Valley Way ~ A conference for Japanese innovators ~
Many Japanese firms have recently become curious about the methods and approaches that are used by successful Silicon Valley companies including agile development and The Lean Startup, and want to learn about them and apply them in their firms. However, there is very little information available in Japanese about the details of the actual techniques that are used in Silicon Valley and how they are really applied, and even less information about the challenges of adopting those techniques in the typical Japanese company environment.
Three bilingual consultants who have been active in helping Japanese firms learn about Silicon Valley and adopt its most advanced methods -- Morio Itozu, Rochelle Kopp, and Steve McGee -- have joined forces to present this unique conference. Our goal is to fill in the information gaps that many Japanese experience in learning about Silicon Valley methodologies, and to create a forum for discussing how to best apply those methodologies in the context of a Japanese company.
With the exception of the luncheon keynote and the basic agile track, the entire conference will be conducted in Japanese.
This seminar is targeted at the following:
• Japanese who work for companies that want to boost their ability to be innovative• Japanese who are working for companies that want to learn and adopt the best practices of Silicon Valley• Japanese entrepreneurs who are starting their own companies, or thinking of doing so soon• Japanese who want to apply agile development methods in their companies• Japanese who work for companies that want to make their organizations more dynamic and flexible
What you’ll gain from attending:
• An understanding of what modern, innovative companies do to retain and motivate key talent to deliver higher value products faster. • A model and language to explain the Silicon Valley Way to your leaders, and learn ways to start implementing some of these practices.• Insight into what makes Silicon Valley tick, and how to capture some of the Silicon Valley ethos in your company.
Session schedule:
8:30 am      Registration and continental breakfast
9:00 am      Understanding Silicon Valley culture, and an introduction to agile and Lean Startup
10:00 am    BASIC TRACK -- Agile development process basics                 ADVANCED TRACK --Effective agile implementation
11:00 am   The interface between agile development and the rest of the organization
12:00 pm   Lunch Lunchtime keynote by Mickey Mantle, Mickey Mantle, author, Managing the Unmanageable: Rules, Tools, and Insights for Managing Software People and Teams: Keys to Crafting an Effective Agile Programming Culture
1:00 pm    Special barrier for Japanese firms in implementing agile development
2:00 pm    Case studies of success stories implementing agile development
3:00 pm    Small group discussions about participants' experience implementing agile development
4:00 pm    Agile as a seed for bigger change -- how can creative knowledge work be managed effectively?
5:00 pm    Networking reception
7:00 pm    Post conference dinner event (Tied House Brewery, Mountain View; separate fee)
Presenters:
Morio Itozu, President, Itozu ConsultingMorio Itozu is an experienced bilingual (Japanese and English) intercultural global organization development consultant. Morio has lived in the San Francisco Bay Area for more than 25 years and has worked with Japanese and global companies to solve their problems, improve their performance and team work, change their organizational culture, integrate organization and culture after M&A, and develop their leaders. He has worked with companies including Hitachi, NEC, Nitto Denko, Toshiba, Japan Airlines, Chugai Pharma, Microsoft, HP, Intel, Cisco Systems, Motorola, Universal Studios and UPS. Morio studied and worked directly with Dr. Will Schutz who created FIRO-B, the globally used psychometric instrument, and is a pioneer of the Organizational Development field.
Rochelle Kopp, Managing Principal, Japan Intercultural ConsultingRochelle Kopp is founder and Managing Principal of Japan Intercultural Consulting, an international training and consulting firm focused on Japanese businesses that are expanding globally. She specializes in human resource management, cross-cultural communication, and global human resource development. One of her focuses is helping firms from Japan and other countries build their teams and strengthen their HR infrastructure in the United States. She has a particular interest in helping firms and entrepreneurs from Japan understand and thrive in the unique culture of Silicon Valley. Clients she has worked with include DeNA, Fujitsu, Honda Research Institute USA, JINS, Kyocera, Softbank, and Sony. Rochelle is author of over 25 books in Japanese including Managing Non-Japanese Subordinates, Creating Engaged Employees in Japan, and an upcoming book on Silicon Valley buzzwords.
Steve McGee, Steve McGee ConsultingSteve McGee is an Agile Management consultant helping software companies enable frequent delivery, shorter lead times, and better commitments. With 20 years of organizational change experience, training and development, including six years as a cross-cultural management coach in Japan, he works with companies to find ways to integrate systems that are based on conflicting values.Steve first introduced agile to a software and consulting firm in 2007, and subsequently applied agile principles and practices to projects as diverse as changing accounting policy, events, and change management. Prior Agile Transformation and Organization Change clients include: Western Union, ClearXchange, Flint, Ericsson, Motorola, Life360, Apple, Visa, TSYS, eBay, MobiTV, PlayStudios, Zephyr, UCSF, Quantum Art, Yokogawa, Deloitte-Tohmatsu, Johnson & Johnson, and Biosensors.
Steven Ganz, Founder, TeamifierSteven Ganz is a Silicon Valley based entrepreneur and consultant. He is currently developing innovative technology involving collaboration and software development processes for several of his own ventures. He also consults with startups and research labs to help them plan, implement, validate, and/or promote their core technologies. His personal research background is in programming languages theory, and his broad technical knowledge base and research skills enable him to provide support to clients across various technical domains, which have included: adaptive systems, machine learning, nanotechnology, natural language processing, robotics, the semantic web, and wireless networks. Clients he has worked with include Ricoh, Toyota InfoTechnology Center, and MobKite.
Mickey Mantle, Author, Managing the Unmanageable: Rules, Tools, and Insights for Managing Software People and TeamsMickey Mantle has a track record of more than 40 years of success in the software industry. He is a graduate of the University of Utah with a degree in Computer Science. Joining Pixar shortly after it was bought by Steve Jobs in 1986, Mickey managed the development of all of the software for their external products. In 1991, Mickey joined Brøderbund Software as Vice President of Engineering and CTO where he managed the vast development organization that produced numerous award-winning PC and Mac games. Leaving Broderbund in late 1997, Mantle then joined Gracenote where as Senior Vice President of Development he managed all technology development, operations and professional services. Mickey retired from Gracenote in 2011 and founded Wanderful, Inc. shortly thereafter.
Venue:
The session will be held at Hacker Dojo a collaborative space at the heart of Silicon Valley that embodies the ethos of openness and innovation. Many startups have been founded at Hacker Dojo, including Pinterest.
Environment:
In this session we will strive to create an open atmosphere of sharing among the participants. We won’t however be sharing proprietary information. Befitting Silicon Valley, both the dress code and the atmosphere will be casual.
Event organizers

Are you organizing シリコンバレーウェイ :イノベーションを目指している日本人のためのコンファレンス The Silicon Valley Way: A conference for Japanese innovators?

Claim the event and start manage its content.

I am the organizer
Social
Rating

based on 0 reviews